新築外構

新築外構なら、cocoro-no-niwaにおまかせください。
外構デザインひとつで、お家の印象を何倍もUPさせることが出来ます。
「庭屋」だから出来る施工、デザインでお客様の住環境をプロデュースさせて頂きます。
134

ヴィンテージレンガ敷のアプローチが広い玄関ポーチへ導きます。

重厚感のある門塀は、表札切り文字入りの鉄板で。夜は背面に設置したライトで柔らかい表情を見せてくれます。

お宅の外周には腰高のフェンスを取付けました。

目隠しフェンス、段付きのウッドデッキを設置したお庭の一角にレンガで縁取りした畑スペースを設けました。

青空の下、芝生のお庭でのんびり。。。

そんな贅沢な時間も味合うことができそうです。

画像をクリックすると大きく表示されます。
☆照明で素敵に演出☆

抜き文字加工をした門表札を背面からライトアップ✨✨✨

建物もやわらかく包まれて、昼間とはまた違う表情を見せてくれます。

駐車スペースの埋め込み型のフットライトは、誘導灯の役割を果たしながら幻想的な空間を演出。

間接照明を使うことで、夜間の防犯を兼ねつつ、浮かび上がる光と影のコントラストを楽しむことができます。

画像をクリックすると大きく表示されます。
131

数種類の自然石を、直線的なデザインで配置した玄関アプローチは、ゲートを設置することで、より引き締まった印象に。

また、シンボルツリーのソヨゴとアオダモが差し色となり、ゲートが際立つ存在となりました。

門塀にも自然石をデザインし、裏側には宅配ボックスを設置しました。

ライトアップされるとまた違う表情を見せてくれます。

画像をクリックすると大きく表示されます。
129

駐車スペースとお庭の境の法面に芝を貼り、木製のウッドフェンスと枕木の階段を設置しました。

広い駐車スペースは、目地の一部に自然石のベルストーンを敷いてアクセントを付けました。

樹脂ウッドデッキの設置でお庭への出入りがしやすくなりました。

画像をクリックすると大きく表示されます。
128

玄関前に植えたシンボルツリーのエゴノキは、外からの視線を逸らすのに一役買っています。

L字動線のアプローチは、コンクリート杉板型押しとラジャストーン平板敷にして視界に変化をもたらしました。

カーポートは2台分の大きさですが、フラット屋根でスッキリとしたデザインですので圧迫感無く設置することができました。

画像をクリックすると大きく表示されます。
127

建物の雰囲気に合わせて白と黒を基調としたモダンなデザインに仕上がりました。

シンボルツリーのユーカリ・ポポラスが、建物の壁をキャンバスに見立てて、まるで1枚の絵のような存在に。

花モチーフのブロックを、奥行きを感じる様に前後に配置しました。

コンクリート仕上げを多用した中に、一部自然石舗装をすることで、柔らかい印象も持ち合わせました。

画像をクリックすると大きく表示されます。
126

既存の門柱・ポストの足元は、ジブリの世界のような、壺から緑が広がっていくイメージで作りました。

サイクルポートの手前にフェンスを設置することで、室外機や自転車が隠されてすっきりとした印象に。

お庭には枕木と鉄平石をバランス良く配置して、砂利敷きに映えるデザインを意識しました。夏にはプールを出してお子様たちと遊んだり、夜はライトアップで昼とは違う表情を楽しんでいただける空間となりました。

画像をクリックすると大きく表示されます。
124

ヒノキの門塀は建物に合わせて落ち着いた色合いにしました。

足元のアップライトが門塀とシンボリツリーのアズキナシを照らして演出。

木樹脂フェンスでお庭を囲み、プライバシーを確保しました。

駐車スペースは、砂利敷きと土間コンクリートの組み合わせですっきりした仕上がりになりました。

画像をクリックすると大きく表示されます。
123

モダンなお家に合わせて、ガビオンの門塀に表札・ポスト・インターホンを取付けました。アプローチは、木目型押しのコンクリートで味のある仕上がりに。2台分のカースペースには、洗出し目地と砂利目地でアクセントを付けました。

画像をクリックすると大きく表示されます。
122

【ご要望】

  • 建物に合わせたナチュラルな、感じのいい見せ方にしたい。
  • 3台分の駐車スペースの確保。
  • サイクルポートを付けたい。
  • 浴室前の目隠しを坪庭のイメージで作りたい。
  • リビング前のデッキスペース
  • 隣地との目隠し

【デザインのポイント】

まず、お施主様が新築をされる際に外構のことまでしっかりと計画されていて、何が必要かというところをきちんと理解されていた事に、とても敬服いたしました。その必要な部分にココロの庭の色をつけてデザインさせていただきました。

玄関廻りのファサードが、オレンジ色の外壁材を使ってゆるやかなアールの形状をしていたので、合わせて、門塀の天端も角をアールに仕上げ、圧迫感が出ないよう低めにデザインしました。

玄関に至るアプローチは、外壁の色と合わせ、天然石の平板・インディアンライムを使用し、4種類の大きさを組み合わせて自然な形の誘導線を出しました。車の乗り上げも考慮して、ワイヤーメッシュを入れて補強。石と石の目地を、あえて砂利の目地にし、よりナチュラルに仕上げました。

窓からの見え方もご提案させていただきました。窓の向こうは壁になっていましたので、葉の葉脈がデザインされたパネルを取付け、下からアップライトで照らすようにして見せ場を作っています。お施主からも大変ご好評をいただきました。

画像をクリックすると大きく表示されます。